【BAT】特定の文字列を含む(含まない)ファイル名を抽出して変数にぶちこむ

Windowsバッチ、苦手だから極力使いたくないンゴねぇ。それでも使わにゃいかん場面も稀によくある。まぁ泣き言いっても始まりゃしねえので、今の俺にできるのは、忘れないようにメモしておくだけじゃろう。

ある条件下で、ビルドされた成果物を使いまわしていろいろなチェックにかける必要がでてきたのだが、厄介なことに、出力されるバイナリのファイル名は毎回ランダムなものになる。共通しているのは拡張子だけ。しかも、デバッグ用とリリース用のバイナリが同時出力されるので、そのうちリリース用のみを拾い出さなければならない。
続きを読む 【BAT】特定の文字列を含む(含まない)ファイル名を抽出して変数にぶちこむ

勉強会に参加してきた話 #cookpad_tech_kitchen

はじめてConnpass経由で勉強会的なやつに参加してきたので、走り書きでレポしとこう。このあいだ申し込んだ「R&Dにおけるサービス開発者の仕事」というタイトルのやつだ。知らなかったのだが、研究開発を英語で書くと「Research and development」でR&Dなんやね。俺も社内で研究開発まがいのことをやる機会はあるので、他社さんが研究開発した結果をどうやってサービスに活かしてるのかというのにものすごく興味があった。

ガーデンプレイスタワーはたまーに38Fでお好み焼き食べてるので、12Fにあるクックパッド社にはなんなくたどり着くことができた。受付の一般枠でConnpassに登録してるIDを伝えてから入場。勉強会の会場にはすげー広いキッチンが併設されてて、そこに置かれた酒と料理をつまみながら講演者の話を聞くようなスタイルだった。って、タダで参加させて貰ってるのに、その上こんな待遇受けてよかとですか?近くのファミマでおにぎりとホットドッグ食べてきちゃったぜトホホ。そんな感じで後悔してるうちに、乾杯からの勉強会が始まった。
続きを読む 勉強会に参加してきた話 #cookpad_tech_kitchen

Google Adsenseの審査を通してみた

よく、ネットサーフィンしてるとよく見かける「アフィリエイト広告」ってあるじゃない?あれで儲けてるって人の話を身近で聞かないので、あれは本業でやってる人が本気で頑張ってようやっと稼げてるような感じなんだろう。もちろん、インターネットの片隅にひっそりと生息しているこんなクソザコナメクジブログに置いてみたところで、1円たりとも収益は上げられないに違いない。

そんなアフィリエイトなのだが、最近いろんなところで割と見かけるGoogleの追跡型広告(Google AdSense)について気になって調べてみたところ、そいつをブログに貼り付けるための審査基準がかなり厳しいらしい。そこで俺は思った。

( ´∀`).oO(審査パスしてみたい)

なんかこう、小遣い稼ぎとかは二の次で、Googleさんに認められてみたいという承認欲求やね。まあ、Googleさんもいかがわしいサイトに広告置くとイメージだだ下がりなので、それなりにしっかりしてるサイトを選別しなければならないのだろう。

この記事とかサイドバーとかの下部にスポンサーリンク的なやつを出せてるので結果は察してもらえるとは思うが、申請を始めてから1ヶ月ぐらいしてなんとか通すことができた。とりあえず、先月(2018年9月)時点で俺がいろいろ試してみたことを書き連ねておこう。細かい設定手順とかそこらへんはプロのアフィブロガーたちが書いている記事の方が参考になると思うので、ここでは省いとくゾイ。
続きを読む Google Adsenseの審査を通してみた

今更ブログをhttps化してみた話(さくら×wordpress)

今年はCEDECに3日間フル参戦してきたんだけども、とあるセッションで「WEBサイトは全部https対応せなあかんでー」という話があった。たしかに、最近Chromeさんがhttpのサイト繋ごうとすると激おこぷんぷん丸になるし、そろそろどげんかせんといかんという意識はあったのだが、なんかめんどくさそう。俺みたいなトーシロには、セキュリティの話なんてちんぷんかんぷんなんだぜ?

まあ、世の中にはギークボーイがたくさん居るとはいえ、こんなインターネットの片隅に転がってる糞みてぇなサイトをハックしてもなんの得も無いと思うのだが、なんかあってからじゃ遅いよね。というわけで、軽くお勉強しながら対応してみることにした。お仕事で使う事は(今の所)ないだろうし、あんまり深掘りするつもりはないので、当たり障りのないレベルでメモしていこう。
続きを読む 今更ブログをhttps化してみた話(さくら×wordpress)

【Python】sphinxでAPIドキュメントを作る

みんなお仕事でAPIのドキュメント作るのってどうしてんだろう。WordとかExcelで作った事はあるんだけど、ちょいちょいレイアウト崩れたりしてムキーッてなる。wikiをHTMLにエクスポートして配布というのも長いこと続けてたけれど、リファレンス作るツールとして特化してるわけじゃないから痒いところに手が届かなかったり。

てな感じで悶々と過ごしてた明くる日、pythonのリファレンス眺めてたら右下になんか書いてあるのが目に入った。Sphinx…?通りかかる人に意地悪なクイズ出して、間違えたら食べちゃう怪異かな?なんかよくわからんけど凄そうだ(小並感)

といったところでsphinxについて調べてみると、色々な言語向けのドキュメントを作れるツールらしいゾ。これを使わない手は無いぜ。あ、ちなみに例のごとく会社のPCがWindows縛りなのでWindows環境で。

続きを読む 【Python】sphinxでAPIドキュメントを作る

【python】selenium + chromeでスクリーンショットを撮影する

Kibanaを使い始めたはいいんだけど、毎週そのグラフを画像化して所定の場所に置く必要に迫られた。愚直に作業手順を考えてみると、WEBブラウザ開いて、ウインドウのサイズをいい感じに調整して、Alt+Printscreenして、mspaint開いてCtrl+Vで貼り付け、Ctrl+Sで所定の場所にpngで保存…とか地味にめんどくさい作業だ。といったところで、そんな作業はJenkin寿司に任せちゃいたいよね。

そこで色々とGoogle先生に調べてもらったところ、「selenium」なるものを使えばプログラムからWEBブラウザを意のままに操れて、スクリーンショットまで撮れちゃうらしいパねえ!seleniumを操れる環境は色々あるらしいんだが、マイフェイバリット言語であるpython3でやってみる事にした。ちなみに俺の試したアレは、以下のとおり。
 

OS Windows7 64bit
Python 3.4
Selenium 3.6.0
ChromeDriver 2.33

続きを読む 【python】selenium + chromeでスクリーンショットを撮影する

Redmineのチケット量をグラフ化したい(第四回)

前回までのところで、Elasticsearchにデータぶちこんで、Kibanaで表示できる所まで行けた。今回は、Redmineから終わってないチケットを取ってきて、それをElasticsearchにぶちこむ、という流れをスクリプトで作ってみたい。手段はなんでもいいとは思うのだが、俺が大好きなPython3でやってみようと思う。
続きを読む Redmineのチケット量をグラフ化したい(第四回)

Redmineのチケット量をグラフ化したい(第三回)

さて、前回ようやくデータベース的なものにデータがぶちこめそうな事は分かった。今回は、KibanaでElasticsearchに入ってるデータを可視化してみよう。
続きを読む Redmineのチケット量をグラフ化したい(第三回)

Redmineのチケット量をグラフ化したい(第ニ回)

第一回目では、ElasticsearchとKibanaについては導入できたつもりだ。まずは可視化うんぬんの前に、どうやってデータベースにデータをぶち込むかってのが今回のテーマ。まだRedmineのレの字も出てこないが、まあなんとかなるでしょ。
続きを読む Redmineのチケット量をグラフ化したい(第ニ回)

Redmineのチケット量をグラフ化したい(第一回)

Redmineを使って、チケット量を週一ペースで集計してる。しかし、毎週手作業で集計するのは地味に面倒だ。Webブラウザ開いて、Redmineでメンバー全員分の未完了チケット数を表示して、それをExcelに入力してグラフ化を作って公開する、という作業がどうにも面倒。そんなものはさっさと自動化してしまいたい。

なんかRedmineのプラグイン探してもイマイチだし、なんかいい手段ねえかなぁ…とモヤモヤしながらCEDECに参加したわけだが、「龍が如く」のセッションで「ElasticsearchとKibanaで捗るぞい」という話を聞いたので、早速試してみることにした。Fluentdも面白そうなんだけど、今回ガチもんのログ収集じゃないからひとまず置いとこう。サーバ環境がWindowsという縛りがあるので、情報をかき集めながらなんとか頑張ってみた。
続きを読む Redmineのチケット量をグラフ化したい(第一回)