【VSCode】デバッグ用の引数を設定する

なんかたまに忘れるので俺用にメモ。pythonのコーディングにVSCodeを使い始めたのは良いのだが、デバッグするときに、どーやって引数的なやつ渡せばいいんだぜ?となる事が多いので。本家VisualStudioだったら、デバッグのプロパティからラクラク設定できんだけどねー。

といったところで調べてみたところ、公式のドキュメントに書いてあるとおり、.vscode フォルダの下にある launch.json ファイルを開いて、「args」という属性を追加してやればOK。

"version": "0.2.0",
"configurations": [
    {
        "name": "Python",
        "type": "python",
        "request": "launch",
        "stopOnEntry": true,
        "program": "${file}",
        "debugOptions": [
            "WaitOnAbnormalExit",
            "WaitOnNormalExit",
            "RedirectOutput"
        ],
        "args":["arg1", "arg2"]
    },

Pythonの開発環境入れてたら「configurations」にPythonっぽい場所があるので、「args」に引数をぶちこんでおく。今回は、引数1に「arg1」、引数2に「arg2」という文字列を渡している。

# coding: UTF-8 
import sys

param = sys.argv

print(param[1])
print(param[2])

こんな感じでコードを実行してみると、コンソールには「arg1」「arg2」が出力される。以上!

【Python】Pillowで画像にテキストを描き込む

Jenkinsさんで定期的にキャプチャして配布してる画像に、文字列で日付やらのデータを描き込む必要がでてきた。なんか楽にやれる方法ねえかなーっ、て所で調べてみたら、Pythonとかで画像処理ができるライブラリが色々とあるらしい。OpenCVが有名だし楽しそうではあったんだけど、導入手順がめんどそうだったので今回はPillowってのでお手軽にやってみる事にした。

もともとはPIL(Python Image Library)っていう画像操作のライブラリが、更新停止に伴って後継になって生まれたのがこやつらしい。はえー。どーでもいいけど、Pillowって日本語で「枕」なのね。
続きを読む 【Python】Pillowで画像にテキストを描き込む

【python】selenium + chromeでスクリーンショットを撮影する

Kibanaを使い始めたはいいんだけど、毎週そのグラフを画像化して所定の場所に置く必要に迫られた。愚直に作業手順を考えてみると、WEBブラウザ開いて、ウインドウのサイズをいい感じに調整して、Alt+Printscreenして、mspaint開いてCtrl+Vで貼り付け、Ctrl+Sで所定の場所にpngで保存…とか地味にめんどくさい作業だ。といったところで、そんな作業はJenkin寿司に任せちゃいたいよね。

そこで色々とGoogle先生に調べてもらったところ、「selenium」なるものを使えばプログラムからWEBブラウザを意のままに操れて、スクリーンショットまで撮れちゃうらしいパねえ!seleniumを操れる環境は色々あるらしいんだが、マイフェイバリット言語であるpython3でやってみる事にした。ちなみに俺の試したアレは、以下のとおり。
 

OS Windows7 64bit
Python 3.4
Selenium 3.6.0
ChromeDriver 2.33

続きを読む 【python】selenium + chromeでスクリーンショットを撮影する

Redmineのチケット量をグラフ化したい(第四回)

前回までのところで、Elasticsearchにデータぶちこんで、Kibanaで表示できる所まで行けた。今回は、Redmineから終わってないチケットを取ってきて、それをElasticsearchにぶちこむ、という流れをスクリプトで作ってみたい。手段はなんでもいいとは思うのだが、俺が大好きなPython3でやってみようと思う。
続きを読む Redmineのチケット量をグラフ化したい(第四回)

Redmineのチケット量をグラフ化したい(第三回)

さて、前回ようやくデータベース的なものにデータがぶちこめそうな事は分かった。今回は、KibanaでElasticsearchに入ってるデータを可視化してみよう。
続きを読む Redmineのチケット量をグラフ化したい(第三回)

Redmineのチケット量をグラフ化したい(第ニ回)

第一回目では、ElasticsearchとKibanaについては導入できたつもりだ。まずは可視化うんぬんの前に、どうやってデータベースにデータをぶち込むかってのが今回のテーマ。まだRedmineのレの字も出てこないが、まあなんとかなるでしょ。
続きを読む Redmineのチケット量をグラフ化したい(第ニ回)