SVGで自作フォント使ってHTMLで読み込む

世間一般的に需要はものすごく少ないと思うのだけれども、HTMLに埋め込んであるSVG画像内で独自フォントを使ってにゃんにゃんしたい場面が出てきた。HTMLで独自フォント使うだけならハードルはまだ低いと思うのだが、SVGを一枚噛ませるというのが曲者だ。

そもそも独自フォントってあれっしょ?作るの大変っしょ?と思ってたのだが、どーやらInkscapeでSVGフォント作ってから、そいつをクラウドの変換くんにぶちこめばTrueTypeFont(ttf)がサクッと作れるらしい。詳しい作り方については「inkscape svg font」とかでググったらそこそこ情報出てくるので、ここでは割愛しとくわね。
続きを読む SVGで自作フォント使ってHTMLで読み込む

VSCode+CMakeでVS2019のビルド環境を構築する

お仕事ではVisualStudio(*.sln)でMSVC(C/C++)の開発環境を構築しているのだけれども、他言語の開発環境はぜんぶVSCodeに統一してるからMSVCのビルド関係も揃えたいのよねー。しかしVSCodeを使ってVisualStudio同等の事をやるのって、それはそれで大変そう。要は、いままでGUIで設定してた某を事細かにMakefile的な奴へゴリゴリ書かなきゃいけないんでしょ?おじさん、ゆとりすぎてMakeよく分からないんよね。

そんなこんなでGoogle先生で色々調べてたら、CMakeとかいうツールが割とオススメらしい。「このコンパイラとかリンカ使いたいぜ」とか「ビルド対象はこのファイルだぜ」とか「実行ファイルとかライブラリとか作りたんだぜ」等のフワッとした願いを設定ファイルに書き込んでおけば、CMakeがそれを読み込んでステキなビルド環境を作ってくれるらしい。(フワッとした理解力)
続きを読む VSCode+CMakeでVS2019のビルド環境を構築する