CMakeとNinjaを組み込み向けに使ってみた

いまGNU make(Makefile)で作ってる某組み込み機器向けのプロジェクトを、CMakeに書き直したいと思った。だってMakefile書くのも読むのも苦手なんだもん。あと、いろいろな環境を横断して開発してるという事情も相まって、CMakeで書いたスクリプト(CMakeLists.txt)を極力使いまわしたいってのもあった。

しかし、ただCMakeに書き直すだけだとメリット薄い気がしたので、CMakeで吐き出すビルドスクリプトをMakefileじゃなくて、ドチャクソ速いと巷で噂のNinjaにも対応してみる事に。ビルドが速くなればそのぶん仕事サボれる時間が増えるからハッピーやね!

んで、いざ対応しようと思ったが右も左も分からんので、「CMake 組み込み」でググったら上の方に出てくるQiitaの記事(正直めっちゃ助かる)を参考にしつつお仕事の合間に組み込み環境に対応していったのだが、案の定ドハマリして1ヶ月ぐらい掛かってしまった。そもそもネット上にあんまり日本語の情報転がってないし、俺みたいなにわかビルドエンジニアには難易度高かったのよねぇ。

まあ、結果としてMakefileでやってたときに比べて、クリーンビルドの所要時間がだいたい半分になった。あと差分ビルドも一瞬で終わるので不安にはなるけど、機器に転送してみたらちゃんと動いてるみたいだから問題なかろう。たぶん今が一番覚えてる状態なので、忘れないうちに書き遺しておこう。
続きを読む CMakeとNinjaを組み込み向けに使ってみた

【CMake】add_customなにがし

最近お仕事でadd_custom_command()やadd_custom_target()を使う機会があったので、ざっくりとメモしとく。俺だけかもしれないが、こいつらパッと見が似てるからよくわかんなくなるのよね。

ビルドの前後で任意のコマンドを実行したい

VisualStudioとかだと「ビルド前イベント」「ビルド後イベント」みたいなプロパティが設定できるけど、それっぽいことをCMakeでもやりたい。そんなときは「add_custom_command()」を使えば良さげ。

add_executable(test "test.cpp" "test.h")
add_custom_command(TARGET test PRE_BUILD COMMAND echo wanwan)
add_custom_command(TARGET test POST_BUILD COMMAND echo nya-)

さっそくtestをビルドしてみる。

>cmake --build . --target test
wanwan
test.vcxproj -> test.exe
nya-

すると、ビルド前後で任意のコマンドが実行できていることがわかる。

add_custom_command(TARGET test POST_BUILD 
COMMAND echo wanwan
COMMAND echo nya-)

ちなみに、コマンドを連続で実行したいときはCOMMANDを並べれば良い。

オレオレターゲットを作りたい

ビルド済みのバイナリファイルを組み込み機器に転送したりだとか、ビルド作業とは分ける工程を別途ターゲットで作りたい。そんなときは「add_custom_target()」を使えば良さげ。

add_custom_target(inu echo wanwan)
add_custom_target(neko echo nya- DEPENDS inu)

DEPENDSをつけておけば「このターゲット実行してから走らすけん」てなことができる。

>cmake --build . --target inu
wanwan

inuをビルドするとそれ単体のコマンドが走るけれども、

>cmake --build . --target neko
wanwan
nya-

nekoをビルドすると、依存するターゲットinuのコマンドの後でnekoのコマンドが実行される。