Google Adsenseの審査を通してみた

よく、ネットサーフィンしてるとよく見かける「アフィリエイト広告」ってあるじゃない?あれで儲けてるって人の話を身近で聞かないので、あれは本業でやってる人が本気で頑張ってようやっと稼げてるような感じなんだろう。もちろん、インターネットの片隅にひっそりと生息しているこんなクソザコナメクジブログに置いてみたところで、1円たりとも収益は上げられないに違いない。

そんなアフィリエイトなのだが、最近いろんなところで割と見かけるGoogleの追跡型広告(Google AdSense)について気になって調べてみたところ、そいつをブログに貼り付けるための審査基準がかなり厳しいらしい。そこで俺は思った。

( ´∀`).oO(審査パスしてみたい)

なんかこう、小遣い稼ぎとかは二の次で、Googleさんに認められてみたいという承認欲求やね。まあ、Googleさんもいかがわしいサイトに広告置くとイメージだだ下がりなので、それなりにしっかりしてるサイトを選別しなければならないのだろう。

この記事とかサイドバーとかの下部にスポンサーリンク的なやつを出せてるので結果は察してもらえるとは思うが、申請を始めてから1ヶ月ぐらいしてなんとか通すことができた。とりあえず、先月(2018年9月)時点で俺がいろいろ試してみたことを書き連ねておこう。細かい設定手順とかそこらへんはプロのアフィブロガーたちが書いている記事の方が参考になると思うので、ここでは省いとくゾイ。

ドメインを取得する

まず、レンタルサーバそのままのURLだと審査が通らんらしく、独自ドメインを紐づけてないと駄目らしい。その昔に取得したドメインが使えるかなーと思ってたのだが、課金切れで売りに出されて怪しい金儲け系サイトで使われてた。うーんしゃあない、取得しなおすかというところでドメイン取得できるサイトをいろいろ検討した結果、さくら信者の俺は「さくらのドメイン」を使ってみることにした。「.com」は年額1,852円、「.jp」は年額3,909円ということで悩んだのだが、「ドットコム」という響きが個人的に好きなのでそいつを選択。「さくらのコントロールパネル」から取得したドメインを設定してやれば、間もなくしてドメインが使えるようになった。

とりあえず申請

グーグルさんの指示どおり「準備ができたらヘッダにコード貼り付けてね!」と言われたので、Wordpressのテーマヘッダを弄って、審査用のコードを貼り付けた上で「審査オナシャス!」てな感じで申し込んでみた。すると翌日、Googleさんからお祈りメールが。

このたびは Google AdSense にお申し込みいただきありがとうございました。お申し込みを確認させていただきましたところ、残念ながら現時点では AdSense のご利用が承認されませんでした。

なんの問題ですか?と思って読み進めてみると、「おたくのページ、コンテンツ量が少ないんじゃね?」という旨の事が書いてあった。うーん、たしかに記事数なんて20件そこらだしなぁ・・・。しかし、審査パスした人の話を見てると、割と記事数10件台のブログでもイケたらしい。そうなってくると、文章量の問題かしら?先人達の知恵を頼りに、いろいろ対策してみる事にした。

いろいろ対策

■内容の少ない文章を非公開化
コード貼り付けて2〜3行で終わってるような記事がちょいちょいあったので、非公開状態にしておいた。たぶんGoogle先生に怒られてたのは、こいつらが戦犯だろう。

■カテゴリを削る
「そのうちこのカテゴリでもなんか記事書きたいなー」的な感じで空のカテゴリを作ってたのだが、噂によると、そういうのもよろしくないらしい。とりま、カテゴリをプログラム関係だけに絞っといた。

■記事の文字数を最低600文字にする
これまた噂によると、1つの記事あたり500〜1000文字ぐらい必要らしい。今までの記事を見返してみると、400文字前後のものがちょいちょいあった。WordPressは編集画面で文字数をカウントしてくれるので割と改修は容易だったのだが、なんか500だと不安だったので、600文字を下限にしといた。なんか、読書感想文を無理やり引き伸ばす、あの感覚に近い作業だった。作中の文章を抜粋しまくったりとかしたよね。

再申請

これだけやったら充分でしょう、ということで再申請したのだが、前回が1日でレスポンス返ってきたのに対して、今回は待てど暮らせど音沙汰一切なし。なんか昔、バイトの面接行ったのに結果の連絡が延々と来なかったのをふと思い出した。半年後にその店行ったら潰れてたなー。かなしみ。さすがにGoogleが潰れるなんてことはあるまいなと思いながら1ヶ月が過ぎて、申し込んだ事すら忘れそうになってた頃にメールがポーンと飛んできた。

見てください、この笑顔。あまりにも輝かし過ぎて長いこと待たされたのもチャラにしてあげたくなってくる。あざといさすがGoogleあざとい。

広告を設置してみる

せっかく審査が通ったので、WordPressのプラグイン「Advanced Ads」を使って貼り付けておいた。こいつについてググってみると先人達が丁寧に使い方を書いてくれてるので設置自体はうまくいったのだが、設置して半日ぐらい広告が表示されなくてヤキモキした。審査通ったからといって、すぐに表示されるようになるわけじゃないのね。

あと、「自動広告」というのがあったのでそいつを設定してると、サイトの至る所に自動で広告が入るようになったのだが、サイドバーのヴィジェット間とかの微妙な所に縦長い広告が入ったりして、見た目が良くなかったので解除しておいた。便利そうではあるんだけどね。

やってみた感想

「審査がかなり厳しい」という前置きがあったのでもっと泥沼化するかと思っていたのだが、案外すんなり行った印象。たぶんだけれど、WordPressのデフォルトテーマをちょっと弄った程度の手抜きサイトなのでシンプルな造りになっていたのが功を奏したんじゃなかろーか。しかしまあ、審査通らなかった時のGoogleさんの指摘がなんだかフンワリしてるので、そいつを察して改修するというのは不安だったね。でもネット上には何回も審査に落とされた人達がいろいろ対策しまくった体験談が転がってるので、そういった所の記事を眺めてるだけでもなんとなく対策は打てると思われ。

まー、とりあえずは広告貼れるようになったのは良いのだけれど、収益を上げられるようになるには、ちゃんとSEO対策して検索に引っかかるようなキーワード設定したり、丁寧に手順を解説したりしなきゃなんねんだろーな。プロのアフィブロガーはすごいなあ。ぼくにはとてもできない。(おわり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)